コンテンツ
トップページ
紹介
Calfa奮闘記
スキル向上部屋
雑談
動画館
役立ち情報
Kazuhaの記録
リンク

カレンダー

2008年7月
 S  M  T  W  T  F  S
       01 02 03 04 05
 06 07 08 09 10 11 12
 13 14 15 16 17 18 19
 20 21 22 23 24 25 26
 27 28 29 30 31       


プロフィール


名前:Calfa
HR:現在

雪山で遭難しかけたところ
でティガレックスと遭遇。
そこでたまたま出くわした
ハンターKazuhaに助けら
れ現在に至る、Kazuhaを
師匠と慕っているが
尊敬の意はまったくない。
ティガに極度のトラウマを
抱いている
     


 


専属オトモ
ココロ
師匠の元から送られてくる
はずのオトモ。防御力は
Calfaを遥かに凌ぐ




スキル向上部屋


08.15

第7章 〜脅威のスパアマ〜

Calfa「師匠、体調なんて崩してどうしたんですか?」

Kazuha「うぐぅ…夏風邪はだいぶよくなったんだけどね、その期間ほとんど活動してない

      から動画のうpも出来ないし、ウカム編の編集でいっぱいいっぱいだったんだよ。」

Calfa「(よくもまぁ裏話をずけずけと。)」

Kazuha「なのでサイトの更新も遅れてるんだよ、原稿が出来ないせいで 」

Calfa「(いやいや、あなたが元凶ですから!!)そういえば動画再開はあるんですか?」

Kazuha「それは…なくはないんだけど、今は編集ソフトを探したり企画構成の再度検討とか

      もっと面白いものを作れるようにしてるんですよ(´・ω・)(・ω・`)ネー 」

Calfa「ってことで、再起はあるってことでいいんですね?」

Kazuha「その代わりCalfaがまた放置になるけど。」

Calfa「/(^o^)\ナンテコッタイ」

題「これ…つくろうかなと思う今日この頃(。・ω・)」
                      
Calfa「で、今回は前回言ってたスーパーアーマーですね」

Kazuha「そだよ。 略してスパアマSAともいうね。」
      
Calfa「言い方はどうでもいいんで何かを教えてくださいよ( ・3・)」

Kazuha「(なんか最近態度でかくないか?)実際にもう体験があると思うけど

       攻撃中に敵の攻撃とかくらって怯むときとそうでないときがあると思うんだ」

Calfa「たしかに、攻撃出来るときと攻撃をキャンセルされるときがありますね」

Kazuha「その攻撃されてもモーションがキャンセルされない時をスパアマと言う。

      これは剣士にしかない特権で、武器によってその発生条件が異なるんだ」

Calfa「武器によって違うんですか…で、効果自体は?」

Kazuha「効果は風圧・のけぞり・しりもちと言ったものが無効になりこのまま攻撃やら

       行動やらが出来るようになるんだ、ダメージはくらうけど」

Calfa「無敵って訳ではないんですね。」

Kazuha「そうそう、だから注意な時もあるんだ…太刀とか」

Calfa「太刀がどうして注意なんですか?」

Kazuha「それはまずスパアマの発生条件を見てから確認しよう。

         片手剣:ジャンプ攻撃(抜刀攻撃のモーション)後の2秒間
         双剣:抜刀攻撃モーション・切り払い(同モーション)の2秒間、鬼人化中全て
         大剣:攻撃モーション時(キックのぞく)、溜め時
         太刀:攻撃モーション時
         ハンマー:溜め攻撃時、縦振り1と3、横振り、抜刀攻撃時
         猟奇笛:攻撃モーション時
         ランス:突進攻撃中・フィニッシュ突き中
         ガンランス:抜刀攻撃時、切り上げ(△+○)、竜撃砲時

      と、おおまかにこんな感じになってて、大剣の場合は

      モーションとモーションの間に隙があるから1回解除されるので注意だね」

Calfa「ここで、なんで太刀が危ないんですか?」

Kazuha「確かに攻撃時スパアマ状態は強いけども調子に乗って攻撃してると

      いつの間にか体力がなくなってるなんて事だってあるんだよ、実際問題で。」

Calfa「fmfm、体力には気をつけろってことですね。」

Kazuha「後はパーティー戦のときちょっと厄介になるんだけど、それはまた今度だね」

Calfa「(…それは私が当分はソロ狩りだからってことか(´;ω;`)ブワッ)」

Kazuha「ってわけで、今回もこの辺で終了ですかねぇ(´・ω・)(・ω・`)ネー 」

Calfa「あ、そうだ、防具の説明とかはしないんですか?」

Kazuha「うん、それもあるんだけどね…当分は防具変わらないから後かなぁw」

Calfa「またそのパターンかっ(# ゚Д゚)!!」

Kazuha「基本まだ防御の高い防具つけとけば問題ないってΣb( `・ω・´)グッ」

Calfa「…終わりだから投げてませんか?」

 

更新記事
  第11章 〜他の武器が使いたい?vol1〜 第10章 〜ハンターの利き腕って…〜 第9章 〜いまサラダが。〜 第8章 〜3回死んでも…〜 第7章 〜脅威のスパアマ〜 第6章 〜片手剣のススメ〜 第5章 〜武器の強化〜 第4章 〜忘れられたアイテム〜 第3章 〜いろいろなアイテム〜 第2章 〜アイテムの使用〜

inserted by FC2 system